ソムリエってどんな仕事?これだけ知ってれば大丈夫!

ソムリエといえばフランス料理店などに居る、ワインの専門家……というのはなんとなくわかりますよね。

ところが近年『ビールソムリエ』『緑茶ソムリエ』『紅茶ソムリエ』などの『特定のドリンクに精通した人』にたいしてもソムリエの呼称をつけているのを見かけます。

これはまあ愛称の様なもので、正式に資格として認められているわけではありません。
日本でのソムリエは、フランスと違って国家資格ではないものの、資格があればより良い条件での転職にも有利になります。

スポンサードリンク

ソムリエってどんな人?

イメージ的には、超高級フレンチレストランなどで、黒ベストに黒いロングエプロン、高い位置からワインを注いで……というヴィジュアルが浮かびますよね。

胸元にはブドウを模したバッジが光っていて。ひと言で言えば『かっこいい』。

けれどソムリエ資格を取るのは、医師免許を取るよりも狭き門だってこと、知っていましたか?

それはそうですよね。ワインはフランスだけのものではないし、もっと言えばフランスだけに絞ったとしても毎年あたらしいものが生まれます。

同じ産地、同じ生産者なのに年代が違えばまったく味も変わってしまう。
そんなワインを見分けることが出来るプロフェッショナルなのですから。

ただし、ワインの味や香りを利き分けることが出来ればよいので、お酒が飲めない下戸の人であっても能力さえあれば合格することは可能です。

ソムリエ資格を取るには

現在、日本で資格を得るための試験を実施している団体は2つ。

日本ソムリエ協会(JSAソムリエ)

世界最優秀ソムリエコンクールで優勝した田崎真也氏が会長を務める民間団体です。

職業としてのソムリエ資格といえばこちらのJSAソムリエ資格を指します。

受験資格は飲食業や酒類販売業など、アルコール飲料に関する仕事に三年以上従事していて、試験当日にも継続して就いていること。

3次審査まであり、受験料+(合格した場合)認定登録料がかかります。

全日本ソムリエ連盟(ANSAソムリエ)

受験資格はとくに設定されておらず、20歳以上であれば仕事等に関係なく試験を受けることが出来ます。

受験に当たっては頻出問題や必須集中カリキュラム等独自の教育システムを受講することが出来ます。

通信講座や在宅受講コース、二日間集中プログラム等があり、受講料+受験料がかかります。

受講コースによっては5次審査までありますが、講座内容をきちんと理解できていれば合格できるものとなっています。

スポンサードリンク

ワイン・ソムリエに関する作品

『ソムリエ』

原作:城アラキ 作画:甲斐谷忍 全9巻。

ワインに対して天才的な味覚を誇る主人公が、様々な状況、シチュエーションに最適なワインを選択していく。

ブランドや流行に惑わされること無く、あらゆるワインが対象になるため、客から一時的に嫌がられる場面も。

母親と自分を引き離した父親を憎んでいるのだが、物語終盤にかけて 母が飲ませてくれたワインに関する真実が発覚し、それ以降父親との関係が軟化した。

1998年フジテレビ系にて稲垣吾郎を主演としてドラマ化。全11話

稲垣吾郎
菅野美穂
武田鉄矢
小木茂光
甲本雅裕
青木伸輔
阿部サダヲ
安村和之
原沙知絵

※派生作品として『新ソムリエ 瞬のワイン』(全8巻)『ソムリエール』(全21巻)が存在する。

『神の雫』

原作:亜樹直 作画:オキモト・シュウ 全44巻

ソムリエ見習いとしてフランス料理店で働くヒロインが、高級ワインのポテンシャルを引き出しきれずに客を激怒させてしまう。

そこに偶然居合わせた主人公が神業のようなデキャンタージュを施し、ヒロインを救う。

主人公の父親は世界的なワイン評論家であるが、その父親が死の直前までワインを飲んでいたこと、若くして亡くなった母よりもワインを選んだという認識から、ワインを毛嫌いし、知識も皆無であった。

だが彼の思いとは裏腹に、父親は彼が幼少の頃からワインに関するあらゆる英才教育を施してきており、デキャンタージュの腕はもちろん、鋭いテイスティング能力や料理とマリアージュ(マッチング)させる能力が備わっていた。

父の亡き後、残された遺言によって天才ワイン評論家であるライバルと共に、至高のワイン『神の雫』を突き止めるための戦いに飲み込まれてゆく。

この漫画に取り上げられたワインが、リアル市場で高騰するという社会現象までも引き起こしてしまった、ワインブームを代表する作品。

2009年日本テレビにて亀梨和也(KAT-TUN)を主演としてドラマ化。全9話

亀梨和也(KAT-TUN)
仲里依紗
内田有紀
戸田菜穂
佐々木希
竹中直人
古谷一行
辰巳琢郎
野村信次

派生作品として『マリアージュ~神の雫 最終章~』既刊17巻が存在する。

『図解 ワイン一年生』

著者:小久保尊 イラスト:山田コロ 一巻完結

ストーリー性のあるコミックスというよりは、素人にもわかりやすいワインの解説書といったところ。

ワインに使われる主要なブドウの品種を擬人化していたり、産地ごとの特徴、ラベルの読み方、高いワインが高い理由など、これを一冊理解していれば、ワイン選びで失敗することはなさそう。

イラストが子供っぽいので敬遠しがちだが、内容はずっしりと重い。本格的なワイン参考書を買っても専門用語が理解できない……などと言うときには、こちらを一読するのが早道だろう。

『ワインガールズ』

著者:真田一輝

さきほどのワイン一年生と同じく、ブドウ品種を擬人化している。

ただし全員が女子であり、ドタバタコメディ要素がかなり強い。

豆知識も随所にちりばめられては居るものの、少しワインがわかるようになってくると『ワインそっちのけで萌えに特化した作品』であることが判ってくる。

絵柄に関しては定評を持つ作者なので、今まで紹介してきたコミックのように『読めばそれなりにワインの知識がつく作品』ではなく『ワイン要素のある萌えキャラコメディ漫画』として割り切るのがいいだろう。

他にも作品内にスポット的にソムリエキャラが出現したり、ワインが主題の回があったりと、案外多くの作品で触れることが出来ます。

これを機会に、漫画もドラマも楽しんで見てはいかがでしょうか。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする