元KAT-TUNの田口淳之介と女優の小嶺麗奈を大麻所持の現行犯で逮捕 

2019年5月22日。

厚生労働省 麻薬取締り部はアイドルグループ「KAT―TUN(カトゥーン)」の元メンバーで歌手の田口淳之介容疑者(33)と女優の小嶺麗奈容疑者(38)を大麻取締法違反容疑(所持)で現行犯逮捕した。

田口淳之介プロフィール

出身地:愛知県
生年月日:1985年11月29日
血液型:AB型

1999年にジャニーズ事務所に入所。

2001年に連続ドラマ『お前の諭吉が泣いている』に初出演。
同年、KAT-TUNのメンバーに選ばれて本格的にアイドル活動を開始。

5年の活動を経て2006年、シングル「Real Face」でCDデビューも果たした。

2016年3月末にKAT-TUNのメンバーから脱退。ジャニーズ事務所も辞めたものの、詳細は伏せられている。

同年9月には個人事務所(株式会社)を設立し、インディーズシングルにてソロデビュー。

翌2017年2月に二年間の契約でユニバーサルミュージックと専属アーティスト契約を結ぶも、わずか1年弱で契約終了となった。

小嶺 麗奈プロフィール

出身地:熊本県
生年月日:1980年7月19日
血液型:AB型

1995年に芸能事務所スペースクラフトに所属し、『水の中の八月』で映画デビュー。

同年に人気ドラマシリーズ『3年B組金八先生』にも出演した。

その後、バーニングプロダクション、ディスカバリー・エンタテイメントと移籍を繰り返すも、最終的に全ての事務所との繋がりを断った。

2006年に映画『初恋』にてトップレスヌードシーンを披露し、一時話題になったものの、その後目立った活動はない。

2012年公開の映画『ボレロ』に出演した後は具体的な芸能活動はしていない。

大麻取締法とは

判りやすく言うと『許可された人が許可されたことに使うなら許す。あとは全部ダメ!』ということ。

つまり許可されていない人は、使う使わないにかかわらず『持ってるだけでアウト』なのである。

しかも、『知らずに持っててもアウト』だし、『庭の隅っこにいつの間にか生えててもアウト』となるほどに厳しく定められている。

彼らは『逃げないようにとりあえず身柄を確保するね。持ってたのは確認したから、所持の現行犯ってことで令状なしで逮捕するよ。これから使ってたかどうか全身くまなく調べるよ』という状態にあります。

もちろん、『その大麻はどこから来たの?誰から買ったの?貰ったの?これからそれをどうするつもりだったの?自分で使うの?誰かに売るの?』と、入手経路もねちねちと洗い出されるでしょう。

しかも大麻は『未遂』であろうと『初犯』であろうと容赦なく罰せられます。基本、七年以下の懲役に処されます。

さらに、それと知っていて幇助(手伝い)をしただけでも三年以下の懲役が定められています。

細かな規則はまだまだありますし、幇助の種類によって刑期も変わってくるのですが、彼らは直接所持していましたし懲役は免れないでしょう。

売れない女優と、過去の栄光から外れた元アイドル。

彼らに何があったのか、解き明かされるときがくるのでしょうか。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする