【炎上】阪急電鉄の中吊り広告に批判殺到 『月30万以下の人にどうしろと?』

阪急電鉄の中吊り広告についての批判がとんでもないことになっている。

『はたらく言葉たち』という書籍から引用した『いい言葉』をメッセージ形式で中吊り広告で紹介しているものなのだが、その内容が現代の多くのビジネスマンたちの怒りを買ってしまったというもの。

スポンサードリンク

いいたいことは判らなくもないけれど。

問題視されているのはこちらの広告。

毎月50万もらって毎日生き甲斐のない生活を送るか、
30万円だけど仕事に行くのが楽しみで仕方がないという生活と、
どっちがいいか。

研究機関 研究者 80代

私たちの目的は、お金を集めることじゃない。
地球上で、いちばんたくさんのありがとうを集めることだ。

外食チェーン経営者 40代

これを、毎日くたくたになるまで働いても給料が30万に届かない上、ぎちぎちに詰め込まれた電車内で見上げたときの心境たるや。

いや、頭ではみんなわかっている。

80歳まで研究機関で頑張っているのならそれくらい貰っていて当然だろうことはちゃんとわかっている。

けれど、それを今の俺らに言ってどうするんだよ、どうしてほしいんだよ、仕事が嫌ならもう隠居しろよ、そのトシで。

……と言うのが本音だろう。

そもそも仕事が楽しみどころか、生き甲斐なく30万にも届かない層には、あまりにも腹立たしく見えたろう。

ツイッターの反応も留まるところを知らず、阪急電鉄は10日付けで該当広告を取り下げることとなった。

『ありがとうを集める』も、低賃金で働くことへの意識のすり替えと捉える人が多く、同じように批判を浴びた。

ぶっちゃけ、『ありがとう』がいくらたくさん集まったとしても、それで空腹が満たされることも公共料金がいくらかでも安くなることなんてないのだから、お門違いもいいところである。

勿論どのような言葉であっても不愉快に感じる人はいるけれど、今回のメッセージについてはあまりにも現代社会の給与事情に無頓着だったように思う。

バブルの時代にいくらでも給料をもらえていた世代と今まさに労働している世代との金銭感覚の差が、はっきりしたのではないだろうか。

スポンサードリンク

離れたくて離れている訳じゃない。若者の○○離れ

同じような現象として、若者の○○離れというタイトルのニュースもよく見かける。

これに関しても、別に離れたくて離れている訳ではない。
車だって買えるなら欲しいと思う人も少なくないし、酒だって旅行だって映画だってなんだって、やりたいことはたくさんあるはずなのだけれど。

給料は低い、勤務時間は長い、休暇は少なく、休みもないとなれば、空いた時間は非常に貴重なものとなる。

少しでも寝ていたいし、疲れが取れないからゴロゴロしていたい。
気晴らしをする気力もないし、お金がないから嗜好品を我慢するしかない。

やりたくても出来ないのだ。

車だって、ムリして買ってもいつ乗るの? ほとんど乗らないまま車検だけ受けるの?という疑問が返ってくる。

若者に今の倍額の給料を与え、休みを増やしてみるといい。
車も売れるし、旅行にも行くし、やりたいことをやり始めるだろう。

ただし、すぐにとは行かない。今まで足りなかったものが補完されてから、じわじわと回復していくだろう。

『ない袖は振れない』だけなのである。

今回の広告騒ぎでも、みんな最低でも30万くらい貰えていれば、炎上まではしなかったかもしれないね。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする