【育児休暇】【パタハラ】カネカ、アシックス、大手企業が日本を滅ぼす?!【いじめ】【不当配置転換】

育児休暇を取得した男性が、復帰後に理不尽な異動、転勤を命じられたとして、男性の妻がツイッターに不満を書き込んだことで事件が明るみに出た。

育休を取得した男性が不当な扱いを受ける「パタニティー・ハラスメント(パタハラ)」という言葉が、これによって一気に知名度を増した。

だが、このような仕打ちは実は一社や二社ではないのである。

スポンサードリンク

どんどん出てくる復帰後の社員いじめ

新たに取り上げられているのは、有名スポーツ用品大手のアシックス。

男性はもともと、スポーツ推進のプロモーター業務についていた。

一度目の休暇後には倉庫整理の担当に回された。
二度目の休暇後には書類整理の担当になった。

書類整理と言えば聞こえはいいが、仕事の内情は旧製品に関するパンフレットやPOPの廃棄選別であったり、簡単な調べ物だったりと、とても元々第一線で働いていた人にやらせる仕事ではない。

別段スポーツをやってない人でも、社名を聞けばピンと来るほどの知名度を誇る会社ですらこの状態なのだ。

育児休暇、育休は害悪なのか?

会社にとって、社員が長期間の休暇を取るというのは当然喜ばしいことではない。

そこは誰しも理解できる。

労力が供給されないのに、規定の給与は支払わねばならないのだから、金銭面だけ取り上げれば損失であろう。

それでも女性にはそれなりの対応をしていたりはする。
女は子を産み、ヒトの子は動物と違って育つまでに時間が掛かることも判っているからだ。

だが、男性が妻と子をいたわり、ともにある程度までの育児補助をするために仕事を休むとなると、途端に社内の視線は冷たく、トゲを纏う。

こうして男性そのものは閑職にまわされてはいるものの、外部から見れば『男性の育児休暇の取得率は100%』という実績になる。

つまりこの男性は他の男性社員に対しての『見せしめ』にされている可能性が高い。

『男が子育てなんぞするからこんな扱いされるんだ。

お前らよく見とけ。

家事・育児は女にやらせりゃいいんだ!

男は働け!

でないとアイツみたいになるぞ!』

さらには

『最初に居た部署と今の部署、仕事は楽なのに同じ賃金を貰ってんだから文句を言うなよ?

あーあーむしろ羨ましいねー!

楽して高給取りだねー!

それ以上出世はしないだろうケドねー!』

……という無言の圧力もあるだろう。
福利厚生、社員の権利は手厚く保護しますよ……と言っておきながら、フタをあけるとこんなものなのである。

スポンサードリンク

昔の育児と今の育児

現在、企業のお偉いさんたちが若かった頃。

あるいはもっとさかのぼってお偉いさんたちが育児される側だったころ。

おそらくは核家族というのは今ほど多くはなかった。
嫁さんは婿どのの家に同居し、婿側の親族とともに子育ても出来た。

地域住民も子供を守ったし、そういう連携もとれていた。
保育園や幼稚園も子供があふれて困るようなことも多くはなかったはず。

だが今は違う。嫁も働いていたりする。

子供の数が減れば保育機関も経営が成り立たずに減ってゆく。
なんとか残っている園への入所権を巡って親は頭を抱えることになる。

さらにそもそも給与が低い。婿どの一人では子育てなど出来ない。

結果、子供を作らずに夫婦共働きでいいよね、というDINKS(Double Income No Kids(2収入、子供なし))が増える。

数年、数十年はそれでもなんとかなるだろう。
だが長い目で見たらどうなるだろうか。

子供が生まれないのである。

今の適齢期の男女が子作りをしないまま年老いていくということ。

大げさな言い方ではなく、遠くない未来に日本は破綻する。

すでに日本の年金制度が破綻して久しい。

支払っても支払っても、のちのち戻ってくる金額はトントンですらないのだから。

それはなぜか。
若者が減っているから。

医療技術の発達によって長生きしている老人を、金銭的に支えてくれる若い世代が圧倒的に足りないからだ。

それなのになぜ、子を産み育てようとしている人たちに冷たくするのだろう。

休暇を取るという行為に対して、後ろめたさは当然あるだろう。

仕事に穴を開ける。誰かの仕事が増える。

申し訳ないなあ、申し訳ないなあ。

そう思っていても家族のために休暇を申請したら、復帰後に追い討ちをかけられる。

お偉いさんたちは言うだろう。

俺が若かった頃は、男は子育てなんかしなかった。

飯も掃除も洗濯も育児も、全部女がやるもんだ。

女が働くのも生意気だし、俺のかーちゃんだってばーちゃんだって、全部一人でやってたぞ!

まったく時代錯誤もいいところであろう。

とくに、アシックスなどは、海外進出もしているではないか。

男女同権、家庭に関するあらゆる支援が確立されているアメリカの系列企業が、日本の元企業のあり方を見てどういう感想を持つだろう。

ぜひともアメリカ企業からの見解を発表していただきたいところだ。

その後、続報あり→【続報】パタハラアシックス 男性社員が提訴『見せしめにされた』と明言

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする